カテゴリ:おけいこごと( 17 )

久しぶりのフラアレ。

フラアレというと、会社の厚生活動の印象が強くって。
なつかしくなります。

こちらでもフラアレのお教室がいくつかあるようで、
でもどうやらプリザーブドのほうが多いのかな。
詳しいことはよくわかりませんが、こっちに来てからずっと「生花…生花…」と呪文のように
生花との出会いを念じていたため、生花のお教室をひらいてる先生のお宅にお邪魔してきました。

しかし、初参加日。
残念ながらその日はなぜか造花のレッスンでした…。
ちょっとがっかりしながらも、でも行きたい!と参加してみたら、
思いのほか造花もいいじゃない!と思える仕上がりに。
d0107674_1451222.jpg
ブーケ風のアレンジメントを作ったのが初めてだったので、
ワイヤーで固定して、テープで巻いて、(専門用語は全く覚えられませんでしたが)
こんなふうにカタチ作っていくんだよ~と先生に教わってすごく勉強になりました。

後ろはリボンになってます。
d0107674_147197.jpg

花瓶にさしてもよし、このままテーブルにおいてもよし。
d0107674_1482010.jpg
造花、あなどるなかれ!
なにより枯れないのが一番ありがたい。
生花がないときでもちょっと嬉しい存在になりました。
埃がたまらないようにしなくっちゃ。

そして翌週、いよいよ待ちにまった生花レッスン。
先生にメールで20cmくらいの花器を持ってきてねと言われ、持参。

おうちに着いたらたくさんお花がお部屋にあふれてました!
レッスンの日は朝から市場に買いだしだそうで、
お花やグリーンをさわる手つきとかからお花への愛情がすごく深いのだなと思った。

で、実は先生9月に日本に本帰国されることが決まっており、
レッスン2回目にして最終回でした。

なので「自由にやっていいよ~」といきなり野放しにされる。
・・・と、言われましても経験なしなので・・・と結局先生に手とり足とり教えてもらい、
あれもいれたいこれもいれたいと欲張ってたらモリモリなアレンジメントになってしまいました。
d0107674_155598.jpg
でも満足!

輸入モノと、現地モノとが入り混じったアレンジメントで、
日本ではあんまり見たことがなかったお花もあったり。
そしてひさびさに生花ってやっぱりいい!と思いました。
d0107674_159435.jpg

せっかく知りあえたお花の先生でしたが、
目的のひとつだったお花市場について教えてもらえたし、
アレンジメントの基本的なことも学べてなるほどのお教室でした。

[PR]
by noirgris | 2010-08-22 02:05 | おけいこごと

しばらくおやすみに入る前に。

週に1度続けていたお稽古ですが、そろそろ行き帰りの電車に乗るのがきついのと、
コトリのせいで(いや、自分のせいだけど…)いつもは大丈夫な足がしびれるようになったのと、
臨月で通うのはさすがに無理だろうね、という判断のもと、今月でお稽古をお休みすることにしました。

今日はおやすみ前の最後のお稽古。
季節のお花はナデシコです。
この葉のかすかな廃れもわびさびですな。
d0107674_23561874.jpg
2色使いのナデシコさん、小さくってかわいい。

主菓子はお饅頭。弥生さんのもの。
d0107674_23572730.jpg


今日は台天目のお稽古をしたのですが、
一緒にお稽古をする生徒さん、みなさん本当に真剣なので、
お点前している横でメモを書き書き・・・じっくり観察されてメモを書き書き。
初めておこなうお点前の際は、メモを書き書きしてOKなのですが、
手ひとつを動かすのも緊張しました。(お点前覚えてなくって何度助け舟をだしてもらったことか)

その後に他の生徒さんのお点前でお濃茶を頂いたのですが、
ちょうどいい温度に、すごく濃く深くて、本当においしかった!

生徒さん方には「ニンプに見えない軽い動き!」と感心されたのがちょっとうれしい。

しかし週1のお菓子とお抹茶が味わえないのはほんとに残念です。。。
毎週このお菓子をどんなに楽しみにしていたことか(結局、甘がメイン・・・)。

でも、コトリが誕生したら「その辺に寝かせておいてお稽古すればいいよ!」と
ママはこわいもんなしのようなので、意外とすぐに復帰できそうですが。笑

[PR]
by noirgris | 2009-10-30 00:14 | おけいこごと

wagashi -萩の露-

昨日のお稽古ではすっかり秋らしい主菓子が。
d0107674_851418.jpg
“萩の露” 太市さんのもの。餡を裏ごししてつくられている、きんとんです。

淡いみどり色がやさしい季節になったのを感じさせてくれます。

昨日は唐物のお点前をしました。
中国のお茶入れを使ったお点前。
そのお点前の中では、その唐物のお茶入れが主役になります。
扱うときはすべて両手で。

最近はコトリ成長中のためか正座をした時の足のしびれる時間が早くなってきたきがします。

[PR]
by noirgris | 2009-09-25 09:16 | おけいこごと

重陽の節句 -菊の節句―

昨日のお稽古では、待ちに待った“着せ綿”が登場。
d0107674_9211969.jpg

北原堂さんの“着せ綿”です。かわいくて大好き!

9月9日は重陽の節句。
平安時代には、前日の9月8日に菊の花を真綿でおおって菊の香を移し、
その翌日の朝に、露に湿ったこの真綿を顔にあてて、若さと健康を保とうとする行事があったそう。
そこから来たこの『着せ綿』。

いつの時代も女の人は美を追求するのだなあとしみじみ。
でもその方法に季節を感じることができるのはステキ。

・・・と、いつも和菓子にばかり目がいってしまうのですが。
昨日のお稽古は「台天目」。
天目茶碗を台の上にのせて行うお稽古。
茶灼には象牙のものを使う、など、イロイロ勉強すべきものがもりだくさんでした。

[PR]
by noirgris | 2009-09-09 09:30 | おけいこごと

お稽古再開。

お稽古も夏休みが終わり、今月から再び始まりました。
d0107674_19283464.jpg
お床のお花はむくげ。
そして今日の主菓子は、弥生さんのもの。
レモン味の寒天に、下部分には透明の寒天が。
d0107674_19302619.jpg
あいかわらずこの菊形の器がつぼです。(色違いで黄色もあります)

そしてお稽古が終わったらしばし休憩。
d0107674_19315119.jpg
初登場!
実家にいるにゃんこ、トンキニーズのトッティです。
d0107674_19335136.jpg
眠くて目がすわっちゃてますが、
目がブルーの美男子にゃんこです。
お稽古中は、茶室はおろか、下階におりることすら許されず、
おとなしくトッティのお部屋で缶詰です。。
d0107674_1937732.jpg
眠るしかないニャン。

[PR]
by noirgris | 2009-09-01 19:40 | おけいこごと

wagashi  -5種盛り‐

昨日のお稽古は、上のお点前。
d0107674_8403536.jpg
行の行台子のお稽古です。

なんとお菓子は5種盛りします。
d0107674_8451929.jpg
一人につきこんなに?!と驚きですが、もっと上のお点前になると7種盛りもあるらしく・・・。
たいていお茶会で出ると、水もの(フルーツなど)を先に頂き、
食べきれない分は持って帰るそうです。

今日の水ものは琵琶のゼリーだったので先にパクリ。
おひるごはん直後のお稽古だったため、残りはあとのお楽しみ♪にしました。

[PR]
by noirgris | 2009-07-29 08:58 | おけいこごと

七夕のお稽古。

今週の火曜日はちょうど七夕にお稽古日。
お床のお花は木槿 (むくげ)。
d0107674_059118.jpg


そして毎年登場するのが季節の名がついた茶杓。
『七夕』
d0107674_0595845.jpg
写真ではわかりづらいのですがこの茶杓、
上部右側に天の川のようなキラキラがほどこされてあります。

そしてこの日のお菓子はおまんじゅう。
d0107674_122324.jpg
流れ星のようなデザイン。
個人的には去年の七夕練りきりがものすごく好みだったのですが、
こうして毎年季節を感じられることがありがたいような気がしました。

梅雨は憂鬱だけど、四季を感じられる国はいいです。

[PR]
by noirgris | 2009-07-09 01:07 | おけいこごと

wagashi -紫陽花-

お稽古ごとのアップが続いてしまいますが、紫陽花。
d0107674_1041789.jpg

雨音が聞こえる中で、炭に灯る火と、釜の中でシュンシュン沸くお湯の音がいい具合です。
雨露までもあらわされてる本日のお菓子は、きんとん、 「紫陽花」 太市さんのもの。
d0107674_1041419.jpg

お床には季節の花が。
d0107674_10421587.jpg
今日のお稽古は、唐物。

[PR]
by noirgris | 2009-06-17 10:42 | おけいこごと

wagashi -biwa-

結婚して以来、かわらず実家にお茶のお稽古には通っていたものの、
以前のように毎回の和菓子を記録することを怠っていました。
カメラもっていく、ことをなんか忘れがちで。

でも!毎回和菓子いただきながら、
「写真におさめたい~」という気持ちを抱えたまま、お稽古してました。
そんな邪念を打ち消すべく、またきちんと記録していこうと思います!

そんなわけで本日のお稽古で使われた和菓子は、 『琵琶』 の練りきりです。北原堂さんのもの。
d0107674_2229124.jpg
こちらおしり側。
どんなふうに作り上げるのか、まさに琵琶の実そのものです。

他の生徒さんのために出番をプラケースの中で待つビワたち。
d0107674_22311941.jpg

ヘタまで忠実に再現されてて、ほんと和菓子ってうつくしいなーと思います。

今日のお稽古は、茶通箱。

[PR]
by noirgris | 2009-06-11 22:36 | おけいこごと

菊の節句、着せ綿。 -wagashi-

9月に入って、夏休み中だったお稽古もようやくスタートです。
仕事のあとのお稽古はみっちりやるとへとへとになるけど、
終わったあとの達成感はひとしお。
d0107674_03286.jpg
お菓子とお抹茶もほんとうに、からだにしみわたるぅ!というかんじ。
d0107674_032867.jpg
今回は北原堂さんの『着せ綿』です。
9月9日は重陽の節句。
平安時代には、前日の9月8日に菊の花を真綿でおおって菊の香を移し、
その翌日の朝に露に湿ったこの真綿で顔にあてて、若さと健康を保とうとする行事があったそう。
そこから来たこの『着せ綿』。
季節の香り。


[PR]
by noirgris | 2008-09-10 00:12 | おけいこごと